胸部X線画像病変検出ソフトウェア 『CXR-AID』導入 - 三瓶病院|医療法人社団みのり会

地域の皆様から、
「あって良かった」と思っていただける病院・施設を目指します。
医療法人社団みのり会
三瓶病院
コンテンツに移動します
胸部X線画像病変検出ソフトウェア
CXR-AID導入
このたび、AI技術を活用した画像診断ユニット「CXR-AID」を導入いたしました。

健診や通常の診察時に胸部疾患の病態を診断する際、胸部レントゲン検査が行われます。

これらの病気は進行が速いため、早期発見と早期治療介入が非常に重要です。

当院では健診・診察時にこのソフトウェアのAI技術を取り入れることで、患者様に迅速な撮影・診断を提供できる環境を整えています。
活用メリット
このシステムは、FUJIFILMが長年蓄積した膨大な画像パターンを活用した人工知能(AI)を活用して、撮影された胸部レントゲン画像を自動解析して結節・浸潤影(肺癌、肺結核など)、浸潤影(肺炎)、気胸が疑われる領域を検出・マーキングして表示するシステムです。

AIによる診断をするというわけではなく、今までと同様に医師が読影を行う時に、
「診るべきところ」が明確になるというものです

診察では、マーキングされた領域を再確認しながら診断を進めます。
この医師とAIによる二重チェック体制によって、従来の検査に比べて見落としを防ぎます。

検査自体は、通常通りの胸部レントゲン写真を撮るだけです

数十秒で画像処理が完了するため、システムを活用することによる追加の待ち時間は発生しませんし、患者さんには追加費用などはかかりません。
Copyright (C) 2023 Medeical Corporation Minorikai. All Right Reserved.
796-0907
愛媛県西予市三瓶町朝立2-1-18
TEL:0894-33-1200
FAX:0894-33-2028
Copyright (C) 2023 Medeical Corporation Minorikai. All Right Reserved.
コンテンツに戻る